整理収納コラム

お部屋の片づけは、心の整理。

一気に片付け・ちょっと待った!リバウンド

捨てることは収納の第一歩ですが、とにかく捨てて
すっきりしたいと、思ってませんか?

今まで沢山物を持っていた人が、
家の外に物を出して少なくなると、
空いた空間を埋めようとして、爆発的に物を増やしてしまう
傾向があります。

まず、手に入れたい生活をイメージし、
物の流入を減らし、増加を食い止め続ける心構えを持たないと、
すっきりとした空間は作れません。
いくら収納空間があっても、すぐに入りきらなくなりますよ。

[2009年 カコ]

**********

欲しい暮らし。望む生活のイメージ。

私なら?

「物を探さなくていい。決まった場所にいつもある。」

おかーさん、爆丸の部品、ベイブレードのパーツ、
ビーダマンのネジ、どこにあるのー、
探してー?と言われず、子供たちが自分でしまって
おもちゃの細かい部品を見つけることができる。

昨日使ったハサミやお名前ペンがいなくならない。

生活用品の在庫が分かっている。

明日提出の書類を探さなくて済む。

床におもちゃが散乱していない。

ごみを出すのが面倒だと思わずにすむ動線。

仕事場のように、この状態であればOKという基準がある。

この状態に戻せば、家の中がすっきり見えるという確信。

あれ?そういう時期もあったんだけど。
どうして収集つかなくなったんだっけ?

物の増えるスピードが速く、量が多すぎて、
自分で手に負えなくなったからだ。

自分で、手に負える空間が欲しい。

気が遠くならずに、気持ちが負けずに
すっきりとした空間を生み出すことができるという自信。

家族の好き、を投げ捨てずに尊重し、
投げやりではなく、自分で決めていく生活。

[2012年 かこ]

♪ こちらもどうぞ ♪

ふきだまりを作らない 家の中で物がふきだまりやすい場所に、 玄関の下駄箱の上、低めの棚の上、出窓の上、 壁際のテーブルの上、などがあります。 人が通る場所で、物を置きやすい腰の高さ、 さらに、後ろが壁の場所は 通りすがりに物を仮置きしたつも...
使いやすさを追求する 収納は使いやすくするために行うものです。     を常に考えるクセがつくといいですね。 ・ここで使わない物がなぜここにあるのか ・よく使う物なのになぜ手の届きにくい所にあるのか 反対に ・たまにしか使わないのになぜテー...
しがらみ 人から頂いた物、捨てられないですよね。 本来の使用目的どおりに使っていなくても、 持っているだけでウキウキするなら 「使っている」に含めていいんじゃないかと 個人的には思います。 ただし、「眺めて嬉しくなるためだけに持...
リサイクルをあきらめてみる 牛乳パック、洗って、乾かして、束ねて、 自治体に出してますか? リサイクル、大切だとは思います。 でも、キッチンの一角が牛乳パックであふれかえったり してませんか? 不用品もできれば、リサイクルや、ネットオークション...
人と物の関係領域を意識する 物は4つの領域に区分することができます。 アクティブ領域 ・・・いつも使っている スタンバイ領域 ・・・すぐ使えるよう待機している プロパティ領域 ・・・ただ持っているだけ(所有) スクラップ領域 ・・・ゴミ 片づけ...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です