整理収納コラムTOP
2016年12月30日

年末大掃除

捨てることが苦手だったりする。

自分のものはまだいいのだけれど、家族の中に捨てたがりの人が一人もいないので、いろいろなものが保留されて、部屋に蓄積されていく。

それでも、長期休みの区切りなどで、部屋が狭いね、いらなくなったものは捨ててしまおうか、と、家族みんなでゴミ袋を持ってフクロ詰めしていく。

「人の物は勝手に捨てない」が我が家の原則。自分のものを手放すかどうかは自分自身で判断する。時間がかかるけれど。

これはまだいる、好き、に混じって、なんでこれ捨ててなかったんだろう、というようなものも沢山あって、捨てにくいから捨てていないというだけのものもあって、今までずっと必要かもしれないと思っていたけれど、もういいや、と吹っ切れるものもあって。

過去の物を不分別に貯め込んでいると、その中にある必要なものとか、今、大切にしているものが紛れて見えにくくなる。

いる、いらない、の判定も、それを捨てるという作業も、それなりに手間と気力のいることで先延ばしになってしまうのだけれど、やはりいらないものとお別れした後は、空間が広く、使いたい物が見つかりやすく、気持ちがいいものだったりする。

完璧にやろうとすると、最初から心が折れてしまうので、始める前よりも少しマシならよしとする。

迷う物は迷ったまま、気持ちを放せる時まで置いておく。

掃除をいったん終えて、部屋を見渡すと、どうしてあんなに不要な物に囲まれたままでいたんだろうと不思議に思えたりする。

不要な物は、自分で捨てないと、勝手にいなくなってくれたりはしないのだ。

それでも、あの時には、私にとって必要だったんだよね、嬉しかったね、一緒にいてくれてありがとう、と思う。

最初からあまり必要でも好きでもないのに、捨てることが面倒で捨てられなかった物は、今度は最初からなるべく中に入れないように、面倒でも頑張って、すぐに入口で追い出すようにしよう、と心に決める。

なんでこれが、ほこりをかぶったままで、いつまでもここにあったんだろう、っていうものにも、物が減ると気づけるようになる。

いらないものが何一つない暮らし、今必要な物、好きな物、居心地がいい物だけに囲まれて、使わなくなった物をすぐに手放す暮らし、なんてのは、なかなかできそうにないけれど、たまに振り返って、あの時には必要だったことが、今の自分にはもう必要ない、ということを自覚する時間を取るのはいいことだよね。

好きではないことを手放すと、今の自分が大切にしたいことが、浮かび上がってくる。

posted by かこ at 11:54 | Comment(0) | コラム
2013年03月04日

リサイクルをあきらめてみる

牛乳パック、洗って、乾かして、束ねて、
自治体に出してますか?
リサイクル、大切だとは思います。

でも、キッチンの一角が牛乳パックであふれかえったり
してませんか?

不用品もできれば、リサイクルや、ネットオークション、
バザー等で、人に譲ることができたらいいですよね。

でも、人に譲るのって、時間も手間もかかり、
時期も限られます。

リサイクル予定の物が山積みになってませんか?

まずは地球環境より、自分の生活環境を整えることから。
心が痛んでも、今は、使わない物をどんどんゴミに出して
しまいましょう。

生活がすっきりしてきたら、リサイクル、
出来るようになると思いますよ。

[2009年 カコ]

*****

リサイクル やらなきゃそれは ゴミの山

ペットボトル。
買わなきゃいいんだけど、溜まるんですよね。

処理に困るものは、買わない!

[2013年 かこ]

タグ:リサイクル
posted by かこ at 19:12 | Comment(2) | コラム
2013年02月26日

グルーピング

一緒に使うの物は近くに置く、なんとなくやっているかも
しれませんが、はっきり意識してみましょう。

例えば、手紙を良く書く方なら「手紙セット」。
一つカゴを用意し、はがき、封筒、便箋、切手、のり、
辞書、ペン、めがね等を入れておきます。

手紙を書こうと思って、これだけの物を集めるのは大変です。
使った後、それぞれ収納に戻すのはさらに面倒ですが、
カゴならそのまましまうだけです。

ポイントは、これらは手紙専用と決め、セットを
バラバラにしないこと。

我が家でやっているのは「パン食セット」。
取っ手のついたカゴに、何種類かのパン、蜂蜜、
チョコクリーム、バナナが入っています。
食べ終わったら、ぽんぽんカゴに入れ運びます。

毎朝和食派なら、「和朝食セット」。
冷蔵庫に小さなカゴを用意し、味のり、ふりかけ、
納豆、しょうゆ、梅干等、好きなごはんのお供を入れておく。

一度お試し下さい。思った以上に便利です。

[2009年 カコ]

*****

最近、すっかり「なんとなく」一まとめに
なってしまっていました。

グルーピング、もう一度、はっきり意識してみようかな。

自分の行動と、家族の行動。

[2013年 かこ]

posted by かこ at 17:25 | Comment(0) | コラム
2013年02月24日

気が重くなる物は処分してみる

10年ほど前、結婚のお祝いに、義父母からいろいろと
調理器具を頂きました。
その中に、とっても使い勝手がよいからおすすめ、
ぜひ使ってみて、とキッチンバサミが入っていました。

そのキッチンバサミは値段も高かったようで、
確かに切れ味はとてもよかったのですが、
持ち手の古めかしいオレンジ色がどうしても好きになれず、
引き出しの奥にしまわれ、一ヶ月に一度、登場するかしないか
といった状態でした。

8年経っても、少し塗装がはげたくらいで、その素晴らしい
切れ味は全く変わらなかったのですが、台所で見るたびに
これがあるから好きなデザインのはさみが買えない、といやな気分になり、
また、義母の厚意をどうして素直に嬉しく受け取れないんだろうと落ち込み、
気を重くすることが増え、なるべく使わないようにしていました。

こんなことで日々暗くなっていては本末転倒、と思い立ち、
以前から欲しいと思っていたキッチンバサミを買ってしまいました。

先々月、遅ればせながら古いハサミは不燃ごみに出し、
10年分の重みを捨て、晴れ晴れとした気分になりました。

新しいハサミは毎日大活躍しています。
義母の教えの通り、キッチンバサミはとても便利でした。

[2009年 カコ]

*****

自分の好きではないものを人からいただいたとき、
とても困りますよね。

手作り品や、心のこもった物ならなおさら。
でももし、見ていて気が重くなるようなら本末転倒。

プレゼントは、気持ちを贈り、受け取った時点で
一番の役目を果たし終わっています。
いただいた気持ちに感謝しながら、
できれば人に譲ったり、処分してしまっていいと思います。

そもそも、人に贈り物をするのは、
消耗品以外は、とても難しいことです。

自分で何かを買うときも、デザインや色が気に入らないものは
機能性が高くても、結局使わなくなってしまう。

自分の本当に好きなものだけを選んで
見ていて心が軽くなる、嬉しくなる物を家に入れるように心がける。
それでいいんだと思います。

[2013年 かこ]

posted by かこ at 12:36 | Comment(4) | コラム
2013年02月21日

家の中にいくつ物があるか

一般的な家族三人暮らしの家庭にある物の数を
すべて数えてみたところ、3000〜4000個あったそうです。
ちょっと物が多めで、収納にしまいきれず
床に物を置いている家庭では、5000〜7000個、
約二倍に膨れ上がったということです。

一般的に成人一人当たり、1000〜1500個の物で
十分暮らしていけるのに、2000〜3000個の物を
抱え込んでいる。

物を管理するのが難しいのは、当然と思われます。

数えてみないまでも、自分がどれだけの物を持っていて、
何割くらい稼動しているのか、少し考えてみませんか?

[2009年 カコ]

*****

数えてみていないけれど、下の子が家族に増えてから
爆発的にものが増えて、余裕で一万アイテムくらいは
ありそうな気が・・・。

リュックサックひとつで、ふらっと九州を周ったり、
石垣島に飛んでみたり、イギリスで一か月ぶらぶらしたり。
学生時代に、人はお金さえあれば、
リュックサックひとつ分の荷物で生きていけると知った。

生きるのに必要なアイテム、それに加えて
生きるのを楽しくするのに使うアイテム。

使っていないものを家の中から減らしていけば
使いたいものがすぐに取り出せる暮らしができる。

お年を召した整理収納のアドバイザーさんは、
「死ぬ時までに、自分の荷物はスーツケース一個分にするつもり。
 今は、もうちょっとあるけどね」
って、笑っておっしゃった。

そこまで潔い暮らしはできないけれど、
そんなに多くのものは、必要がないのだと思う。

取捨選択されずに、そのまま保留状態で蓄積していく
死蔵品や、捨てるのが面倒なただのゴミ。

家から追い出せば、心がどんどん軽くなる。

今は、24時間営業のスーパーやコンビニがあって
いつでもなんでも手に入る。
だから、家にはストック品を置いておく必要はない。

でも、東日本で震災が起きた後、あまりに最小限の暮らしも
危険だな、と思い直した。

生きていくのに必要なもの。暮らしを楽しくするもの。
生活を守る最低限の備え。

気に入って使っているものだけに囲まれている暮らしは心豊かで、
動かない過去の遺物にとらわれ、まとわりつかれている生活は
心を重くする。それは財産とは違う。

整理とは、自分に必要なものを選ぶ、ということ。

[2013年 かこ]

タグ:アイテム数
posted by かこ at 09:30 | Comment(6) | コラム