整理収納コラムTOPコラム空いた空間は空けておく
2012年08月19日

空いた空間は空けておく

物が減って、上手に収納できると、今まで物が吹きだまっていた
場所が、ぽっかり空いたりします。
本棚にすきまができたり、カゴが余ったり、
引き出しに余裕ができたり。

「このすきまに何を入れたらいいかしら?」

入れなくていいんです。空いたままにしておいてください。

ぎっしりの収納は出し入れしにくいです。
収納に空きがあれば、物が増えてもすぐ行き先を
決めることができます。
物の無い空間は、すっきりとした空気を生みます。
広い床は、あなたが創り出した財産です。

物の少ない空間が心地よいと思えるまでは、少し淋しく
感じられるかもしれませんが、ぜひキープして下さいね。

[2009年 カコ]

*****

物のない、淋しいと思えるような空間。
いつから失くしてしまったんだろう。
もう一度、心を入れ替えて、やり直し。

[2012年 かこ]

posted by かこ at 05:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
いいですね、空間、収納にも遊びの余裕が大切だったんですね・・・ヒーリングの原点でもあるような気がします。
Posted by ケメ at 2012年10月24日 13:09
余裕を作ること、余裕の遊びを埋めてしまわないこと。
どうしても詰め詰めになってしまいがちですものね〜。
心も身体も、ゆるゆるにしておきたいものです。
Posted by かこ at 2012年10月28日 06:33
こんにちは。
気持ちも、一杯一杯にならないよう、
ゆとりを。。。心がけよう
Posted by アリス at 2012年11月08日 17:32
気持もゆとりを・・・私も心がけたいです〜。
年末、忙しくなってきますものね。
ありがとうございます。
Posted by かこ at 2012年11月09日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57229748

この記事へのトラックバック