整理収納コラム

お部屋の片づけは、心の整理。

空いた空間は空けておく

物が減って、上手に収納できると、今まで物が吹きだまっていた
場所が、ぽっかり空いたりします。
本棚にすきまができたり、カゴが余ったり、
引き出しに余裕ができたり。

「このすきまに何を入れたらいいかしら?」

入れなくていいんです。空いたままにしておいてください。

ぎっしりの収納は出し入れしにくいです。
収納に空きがあれば、物が増えてもすぐ行き先を
決めることができます。
物の無い空間は、すっきりとした空気を生みます。
広い床は、あなたが創り出した財産です。

物の少ない空間が心地よいと思えるまでは、少し淋しく
感じられるかもしれませんが、ぜひキープして下さいね。

[2009年 カコ]

*****

物のない、淋しいと思えるような空間。
いつから失くしてしまったんだろう。
もう一度、心を入れ替えて、やり直し。

[2012年 かこ]

♪ こちらもどうぞ ♪

整理収納コラムはじめます 3年前、長男が3歳、次男が1歳だったとき、 「自分の物」以外の物が、家にあふれ、 あまりに家の片づけ方が分からず、 整理収納アドバイザー2級の資格を取ってみました。 その後、一時的に家の中は整理され、 長男もお片付けが...
グルーピング 一緒に使うの物は近くに置く、なんとなくやっているかも しれませんが、はっきり意識してみましょう。 例えば、手紙を良く書く方なら「手紙セット」。 一つカゴを用意し、はがき、封筒、便箋、切手、のり、 辞書、ペン、めがね等を...
ふきだまりを作らない 家の中で物がふきだまりやすい場所に、 玄関の下駄箱の上、低めの棚の上、出窓の上、 壁際のテーブルの上、などがあります。 人が通る場所で、物を置きやすい腰の高さ、 さらに、後ろが壁の場所は 通りすがりに物を仮置きしたつも...
使いやすさを追求する 収納は使いやすくするために行うものです。     を常に考えるクセがつくといいですね。 ・ここで使わない物がなぜここにあるのか ・よく使う物なのになぜ手の届きにくい所にあるのか 反対に ・たまにしか使わないのになぜテー...
見せる収納よりしまう収納 ズボラなあなたは、見えるところに物がある 見せる収納が便利でいいのかな、と思ったりしがちですが この場合、おおむね魅せる収納にはなりません。 大部分の物は中に収め、見せたい、飾って美しい物だけを 効果的に配置しないと、...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • いいですね、空間、収納にも遊びの余裕が大切だったんですね・・・ヒーリングの原点でもあるような気がします。

  • 余裕を作ること、余裕の遊びを埋めてしまわないこと。
    どうしても詰め詰めになってしまいがちですものね~。
    心も身体も、ゆるゆるにしておきたいものです。

  • 気持もゆとりを・・・私も心がけたいです~。
    年末、忙しくなってきますものね。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です