整理収納コラムTOPコラム風呂ふたを捨ててみる
2012年07月08日

風呂ふたを捨ててみる

お風呂のふた、家にありますか?

我が家で風呂ふたを使わなくなって二年以上。
場所をとるし、カビははえるし、掃除は面倒だし、
風呂場に無い方がいいんじゃないか、と思いつつ、
捨てにくいので、二年間そのままにしてありました。

思い立って、粗大ゴミに出してしばらく経ちますが、
やはり全く困ることはありません。
生活が変わってまた必要になれば大型スーパーで
2000円で売っているので心配もありません。
もっと早く捨てれば良かった、と思います。
(活用している人に捨てることを勧めているわけではありません)

始めからついていたために、なんとなくいつか
必要になる気がして、捨てないままの物があります。
 ・やかんの茶こし ・台所の水きり板 ・洗濯機の予備ホース 
 ・古い家電の使用説明書・ 前の携帯の充電器 とか
付属品は一年間使わなければ、今後も無くて困ることは
多分ないでしょう。

実は無くていいんじゃないか、という視点で物を
見てみると、生活がすっきりしてきますよ。

[2009年 カコ]

*****

説明書の類は、どんどんたまっていくのです。
この間、子供の玩具の説明書と箱、
「いる・いらない」を一緒にやりました。

これは、もう読まなくても分かるから、いい!
これは、好きだから、いる!

とか、いいながら、大きな引き出し一杯分の紙類を
三分の一に減らすことができました♪

台所の、水切り板は、あったほうがよかったみたい。
水が上手く流れます。

おふろのふたは、さらに三年経ってもいらないまま。
子供が大きくなって、入浴時間がずれるようになったら
必要になる日がくるのかも。

そのときに、買えばいいよね。

[2012年 かこ]
posted by かこ at 07:44 | Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。