整理収納コラム

お部屋の片づけは、心の整理。

ふきだまりを作らない

家の中で物がふきだまりやすい場所に、
玄関の下駄箱の上、低めの棚の上、出窓の上、
壁際のテーブルの上、などがあります。

人が通る場所で、物を置きやすい腰の高さ、
さらに、後ろが壁の場所は
通りすがりに物を仮置きしたつもりが、
そのまま定住させてしまう可能性が大です。

人の習性です。

なんとなく物が壁に同化して見えるので、
安心してしまうのですね。
そして堆積していきます。

ところが、この高さは他人にとって
非常に目に付きやすい場所でもあります。
逆にここが整っていると部屋全体がすっきり見えます。

壁際に出来るだけ物を置きやすい家具を置かない、
美しいものを飾りブロックする、等の工夫と意識で
すっきり空間を目指しましょう。

[2009年 カコ]

*****

腰の高さのふきだまり・・・。
人の家に行くと、よく分かる。

自分の家は、見えなくなってくるんだよね。
見ないふりしているうちに、
景色に同化しているような気がしてくる。

写真で撮ると、はっきりわかる笑。

[2012年 かこ]

♪ こちらもどうぞ ♪

物は増える・勝手に減らない 一人が平日、一日1アイテム家に持ち込むと 一個×20日×12ヶ月= 年間 240アイテム+。 30人規模の会社なら、年間 7200アイテム+。 不要なものはこまめに捨てましょう。 【部屋が汚いはあなたの人格とは関係...
指定席を作る 探し物が多い人は、毎日使う物にこそ、 指定席を作りましょう。 メガネなら、洗面台のこの棚、寝室のベッドボード、 リビングの電話台、というように、 置く場所すべてに席を決めてしまいます。 カギなら、下駄箱のカゴ、かばん...
家の中にいくつ物があるか 一般的な家族三人暮らしの家庭にある物の数を すべて数えてみたところ、3000~4000個あったそうです。 ちょっと物が多めで、収納にしまいきれず 床に物を置いている家庭では、5000~7000個、 約二倍に膨れ上がったと...
年末大掃除 捨てることが苦手だったりする。 自分のものはまだいいのだけれど、家族の中に捨てたがりの人が一人もいないので、いろいろなものが保留されて、部屋に蓄積されていく。 それでも、長期休みの区切りなどで、部屋が狭いね、いらなく...
使いやすさを追求する 収納は使いやすくするために行うものです。     を常に考えるクセがつくといいですね。 ・ここで使わない物がなぜここにあるのか ・よく使う物なのになぜ手の届きにくい所にあるのか 反対に ・たまにしか使わないのになぜテー...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です