整理収納コラムTOP
2012年06月21日

平面をつくる

部屋をすっきりみせるコツは、
平面を沢山とることです。

床の上、棚の上、テーブルの上、でこぼこといろんな物を
置いていませんか?
直置きするほど物が多い人が、いきなり機能的な空間を
作ろうとすると必ず挫折します。

まず、ゴミを取り除き、
使っている物と使っていない物に分け、
それぞれ大きな箱にまとめるだけでも、
見た目はかなりすっきりします。

余力があれば、使っている物だけ収納に戻しましょう。
あまり使っていない物も、床置きせずに、
収納の使いにくい場所に
一度まとめて収めてしまうといいですね。

まず、目の前に平面をつくり、
一度すっきりさせて、整理する気力を
呼び覚ましましょう。

[2009年 カコ]

**********

とりあえず、テーブルの上と、床に散らばった
おもちゃを回収。

少し、ほっとくと、すぐ平面、
なくなっちゃうんだよね。

すっきり、してないなー。

[2012年 かこ]
posted by かこ at 14:05 | Comment(0) | コラム
2012年06月19日

しがらみ

人から頂いた物、捨てられないですよね。

本来の使用目的どおりに使っていなくても、
持っているだけでウキウキするなら
「使っている」に含めていいんじゃないかと
個人的には思います。
ただし、「眺めて嬉しくなるためだけに持っている」
と自覚し、置き場所を決めてあげられるなら、です。

贈り主も、あなたが使って嬉しくなって欲しいと思って、
贈ってくれたはず。
部屋のすみに捨てられずに使われずに
不良在庫としてほこりをかぶっている状態までは
想定していないでしょう。
そのとき、その方の気持ちを受け取れば十分です。

持っていることが負担になったら、
見ていてよい気分でないのなら
思い切って家から出しましょう。
物は使用目的どおりに使ってあげるのが一番です。

そして、贈り物は消え物や、相手が必ず好んで使うと
分かっている物を選ぶとよいですよ。

[2009年 カコ]

*****

贈り物って、ホントに難しいなぁ。
プレゼントは、気持ちを送ること。
気持ちが載っていると思うからこそ、
使わなくても捨てにくい。

でも、プレゼントは、気持ちを渡し、
受け取った時点で役目を終えている。
なかなか、そんな風には、割り切りにくいけど。

一度、人からもらった好みでないものを
家じゅうから、ばさばさ捨てたことがある。

一時的に罪悪感でいっぱいになったけど、
毎日、それを見ると、憂鬱になっていた
気持ちから解放された。

「しがらみ」を捨てると、心も身体も軽くなる。

[2012年 かこ]
posted by かこ at 04:43 | Comment(0) | コラム
2012年06月16日

一生モノ

そうそう買い換える必要のない物を一生モノ、といいます。

高価な物だけではなく、例えばつめきり、靴べら、しゃもじ等。
粗品で貰ったり、100均でも簡単に手に入りますが、
壊れも腐りもしないので、そのまま家にずっと居座り続けます、

この靴べらがあるから、もう他の靴べらはいらない、と思えるほど、
一生モノは慎重に、気に入った物を選びましょう。

好きな物に囲まれて暮らせるように。

[2009年 カコ]

**********

丁寧に、好きなものに囲まれて暮らす。
無意識ではなく、惰性ではなく、日々、選択していく。

一度手に入れたものは、手放すのはなかなか難しい。
なんとなく間に合わせるのではなく、
私は、好きだから、これを選んで家に入れる、という決心。

その一つ一つの決断が、生きる自信になる、気がしている。

[2012年 かこ]
posted by かこ at 16:19 | Comment(0) | コラム
2012年06月13日

途方にくれる

ごちゃごちゃの山を前に、どうしていいか分からなくなり
身動きが取れなくなることがあります。
まずは小さい一ヶ所を間引くことから始めましょう。

まずは引き出しを一つ決め、すべて新聞紙の上にあけます。
右に使っている物(一年以内)、左に使っていない物、ゴミに
分けていきましょう。

そして右の使っている物だけを引き出しに戻すと、
だいぶ引き出しに余裕ができますね。

左の山には、にこにこぴかぴかして、一見素敵な物も
沢山混ざっていますが、ノンジャンルで迷い箱に入れてしまいましょう。
このとき、再審査の日を決めて(半年後とか)ラベルで貼っておきます。

そうして物が減ってくると、手に負えない感がだんだん無くなってきます。
間引くのも早くなってきます。
収納方法を考えるのはその後で。

[2009年 カコ]

**********

途方に暮れているときは、引き出しよりも、
もっと小さいお財布から始めるといいみたい。

それから、目につくゴミを片っ端から捨てる。
ダイレクトメールとかね。

今、我が家は、迷い箱以前の話だわ。
ゴミは、とにかく捨てましょう。

不要なものが多すぎると感じる人は
いる・いらない・迷う、に分けるより、
いらない・その他、に、まず分けて間引く方が
さくさくいけます。

[2012年 かこ]

posted by かこ at 02:09 | Comment(0) | コラム
2012年06月09日

もったいない

物を捨てるのはもったいないことだ、タダでもらえる物を
もらわないのはもったいない、と思っていませんか?

でも、今は意識しないとどんどん物が入ってくる時代。

使わない物を家に持ち込み、その管理にスペースをとり、
時間と気持ちをかけることはもったいないとは思いませんか?

物を探してイライラする時間、
部屋が片付いていないと悩んだり、憂鬱になったり、後ろめたくなったり、
逃避から思考・行動を停止したりしている時間こそが
もったいないと、私は思います。

物が少ないほど、管理はラクになります。
使わない物を持ち続けることこそ、もったいないのです。

[2009年 カコ]

***********

少し前は、頂き物が本当に有難い時代だったけど、
今は、買おうと思えばなんでも手に入る。
何か買うと、おまけがついてきたりする。

自分の身の回りに置くものは、自分で選ぶ力が必要。

いらないと思ういおまけは、お断りして、
好きではない頂き物は、リサイクルに回し、
その時いるものであっても、不要になったら捨てて
また、次の新しいものを入れていく。

必要で大切なものは、長く使っていくといいけれど、
自分や家族に必要なものは、だんだんと変わっていくよね。

家の中も、新陳代謝していかないと、
空間がよどんでいく。

[2012年 かこ]
posted by かこ at 05:44 | Comment(0) | コラム